新しい技術

メモする受講者

現在、ネイルはおしゃれとして女性たちの間で広く定着しています。 カラーリングだけでなく、ネイルアートなどの新しい技術が次々と発表され、今やファッションの決め手として高い人気を集めています。 こうしたネイル人気の高まりとともに、それを施すネイリストの人気も急上昇中です。 ネイリストになるために、特に必要な資格や条件はないとされています。 しかし、かといって知識や技術も無しにこの職につくことはまず不可能です。 以前は、先輩ネイリストのもとで修行し知識や技術を習得していくという方法が主でしたが、現在ではネイルスクールで学んでから職につくといった方法が一般的です。 ネイリストになるために必要なスキルを一から学べるのが、ネイルスクールなのです。 まずはネイルスクールに通うことが、ネイリストを目指すための第一歩となるでしょう。 なお、ネイルスクールの中には、全日制の他に仕事を持つ社会人のために夜間部や土日に授業を集中するコースを設置しているところがあり、選択の幅が広がっています。

ネイルスクールでは、爪の手入れの方法やネイルの基本的な技術、衛生管理などを学びます。 ネイルを学ぶ方法として、ネイルスクール以外に通信講座も用意されていますが、実際講師の技術を目で見て覚えるという点ではどうしてもネイルスクールに軍配が上がるのは事実です。 ただし、地方によってはスクールがないという事情もあり、通信講座の役割は決して低いわけではないのです。 なお、多くのネイルスクールでは、卒業までに民間資格であるネイリスト技能検定に合格することを目指しています。 先にもあげたように、ネイリストにとって資格は必須ではないとされています。しかし、技能検定に合格しているということはすなわち基本的なスキルを習得済みであると認定されることから、就職の際には有利に働くとされているのです。